お金を借りる方法って?初心者にも安心なキャッシングを案内します

お金を借りるという事

お金を借りた場合には、必ず返済が伴いますよね。

 

しかし最近ではかなり気軽にキャッシングを行う事ができるせいか、キャッシングで借りたお金が返済しなくてはいけないお金だという事を忘れてしまいがちな方が多いようです。

 

まるで自分のお金かのように、どんどんキャッシングをして使ってしまうというケースが多く見られるようになった気がします。

 

キャッシングは確かにキャッシュカードで自分のお金を引き出すくらいの気軽さで、簡単にお金が出てくるとそれで気が大きくなってしまうという感覚もわかります。

 

 

しかしそれはとても危険な事です。

 

一度金銭感覚が麻痺してしまうと、それを元に戻すのは至難のわざだと言えるでしょう。

 

なのでそうなってしまわないように、今一度お金を借りるという事はどういう事なのか、きちんと考えるようにした方が良いでしょう。

 

またこのキャッシングという言葉もいけないのかもしれませんね。

 

キャッシングなんて言えば聞こえは爽やかですが、それは借金と言い換える事ができます。

 

借金と言えば、その重さがキャッシングよりはよく伝わる事かと思います。

 

なのでキャッシングをする際には、これから借金をするんだという意識をしっかりと持つようにしましょう。

お金を借りる時に注意している事について

 

私はお金を借りる時には注意している事があります。

 

 

それは、「借り過ぎ」です。

 

 

そんな事は当たり前だと思っている方も少なくないと思いますが、私はこれこそが一番大切な事だと思っています。

 

というのも、最近ではカードローンなどで実に簡単にお金を借りる事ができますよね。

 

まるでキャッシュカードで自分のお金を引き出すようにキャッシングができてしまう事で、キャッシングに対するハードルはかなり低いと言えるでしょう。

 

そしてそういったキャッシングを利用していくうちに、お金を借りるという事に対する意識も一緒に下がってしまうと感じたのです。

 

そうして金銭感覚が狂ってしまうと、どんどん借り過ぎてしまうのです。

 

 

 

実際そうなってしまった人も何人か見ましたから、自分はそうはなってしまわないように、きちんと基本的な事ですが、借り過ぎない事を毎回確認しています。

 

 

 

簡単便利にお金が借りられるからこそ、こういったところに気をつける必要があると私は思っています。

 

なのでこれからお金を借りたいと思っている、または既に今お金を借りているという方も、是非こうした基本的な注意を今一度確認してみてください。

 

そうすれば快適にお金を借りる事ができるでしょう。

お金を借りるときのマイルール

 

お金は借りないで済ませられればそれにこしたことはありませんが、どうしても借りなくてはいけない時があります。

 

私がお金を借りる時に気をつけているいくつかの点は、まず一つ、自分が毎月いくらずつなら返せるか、を必ず確認しておく、です。

 

借りられる限度額ではなくて、返せる額、です。

 

毎月の返済額が決まっているリボ払いが便利ですが、毎月一定額で済む分、返済期間が長くなりがち。私は、一回借りたら、それが全部返し終わるまで新たな借入はしない、と自分で決めています。

 

 

二つ目は、借入先をよく選定すること。

 

 

私は、キャッシング会社のキャッシングは利用しません。

 

クレジットカードに付帯しているキャッシング機能のみ、利用して良い事にしています。

 

借入限度額が少ないですが、はっきり言ってそれ以上の金額が必要な場合は、私の手には負えません。普通に銀行ATMで利用出来るのも便利です。

 

キャッシング会社を利用するより安心感はありますが、はっきり言ってそんなに金利は変わりませんから、注意が必要です。

 

第三の点は、お金を借りている、ということに危機感を持つ事。お金を借りるのが当たり前になる感覚は危険です。

 

借金は基本的にイレギュラー。なるべく借りなくて済むように、貯金に励むようにしたいと思います。